おまとめローンとは?

おまとめローンは、複数ある返済先を一本化し、毎月の返済額および将来的に発生する利息の低減を図るローン商材および方法です。

貸金業者のおまとめローンは、貸金業法に基づいて提供されており、契約者にとって有利な契約条件であれば、総量規制を超える貸金業者からの借り入れをまとめることが出来ます。

この際、貸金業者からの借り入れはおまとめローンを提供する会社が一括して返済手続きを行ってくれます。一方、銀行のフリーローンやカードローンで既存の借り入れを一本化する方法もおまとめローンに該当し、契約者自身が各借入先に返済を行う方法です。

また、銀行のローン商材の場合、貸金業者からの借り入れに限定されず、他銀行の借り入れやクレジットカードまでローンの一本化が可能です。しかし、おまとめローンは毎月の返済額が大幅に減額されるものではなく、各借入先を纏めたことに拠る利息の削減に留まります。

例えば、5万円の返済額が1万円まで圧縮される訳ではなく、毎月4万8千円を返済するといったことになり、毎月返済に手間や無駄があるという方におすすめの方法となります。

安易に毎月返済額を低額にすることで、返済期間の長期化や総返済額の増加に繋がるため、現在の返済額でも生活に余裕がある方におすすめします。

おまとめローンは総量規制の対象?

おまとめローンを利用して複数の会社からの借り入れを一本化するとき、気になるのが総量規制の影響です。

総量規制は年収の3分の1を超える貸し付けを行えないという制限ですが、おまとめローンも対象になってしまうのでしょうか?総量規制前に多額の借金をしていた場合や借金をした後に年収が下がってしまっていた場合、一本化する総額が年収の3分の1以上になってしまうケースもあるため、不安に感じている人もいるでしょう。

しかし、おまとめローンで借り換えを行う場合、総量規制による制限を受けることはないので安心してください。年収の3分の1を超える金額であっても、銀行や消費者金融会社の審査を通過すれば、問題なくおまとめローンを利用することができます。

おまとめローンを利用すれば現在より低い金利で借金を返していける可能性がありますし、返済の手間も少なくなって精神的なプレッシャーも減ります。現在の返済プランに不満を感じているのであれば、改善できる確率は高いでしょう。

ただし、新たに借り入れをすることは難しくなります。おまとめローンが総量規制の対象にならないからと言って、借金を一本化した後の借金も総量規制の対象外になるわけではないので注意してください。

おまとめローンの審査の現実は?審査通過はかなり厳しい?

おまとめローンは、審査が厳しく行われるため、現実的に非常に契約まで至ることは難しくなっています。そもそも、おまとめローンは借入先を一本化し、効率的に返済を行うためのローン商材ですが、元本は減らない上、一本化前と同等の金額を毎月返済することになります。

おまとめローンのメリットは、返済先を纏めることで返済漏れを防げること、個々に行っていた返済の手間を省くこと、そして将来的に発生する利息低減が見込めることです。

審査を行う上で、多重債務により債務超過のリスクが無いかどうかを厳しくチェックしており、カードローンなど貸金業者からの借り入れだけでなく、クレジットカードの利用状況まで確認されています。

そのため、おまとめローンの審査通過目安となる他社借り入れ件数が3件以下というのは、なかなか条件を満たすことが出来ません。少なくとも、クレジットカードの所有枚数が多い程、債務額を増やすリスクが高くなってしまいます。

おまとめローンを検討するのであれば、借入先を減らした上で借り換えるということが重要になります。特に銀行系のおまとめローンやフリーローンは、融資を行った際、利息による収益が見込めるかどうかが優先されます。

おまとめローンに対応してないカードローンでもおまとめ目的として申し込みは可能?

基本的に『おまとめローン』と商品に謳っているものは、消費者金融の『貸金業法に基づくおまとめローン(または借り換えローン)』となっています。

では、銀行や信用金庫が提供するカードローンやフリーローンで、おまとめや借り換えが出来ないのかというと、利用することは問題ありません。

銀行のローン商材は、事業性資金や犯罪性が疑われる行為に使う以外、利用目的は自由であり、おまとめローンや借り換えローンといった目的も認められています。

実際に、多くの銀行カードローンやフリーローンの商品案内において、『おまとめローンOK』や『借り換え可能』といった文言を掲げ、使えることをアピールしています。

このような案内があれば、気兼ねなく申し込みすることが出来ますが、何も記載が無いと心配になってしまいます。

しかし、商品概要に『利用目的は自由』と書かれていれば、不安に考える必要はなく、利用目的にローンの借り換えと記載した方が審査を受ける上では若干はプラス評価です。

最近では、利用目的の項目に『おまとめローン』または『借り換えローン』といった選択が記載されるケースもあるため、誤魔化す必要性はありません。

おまとめローンと与信について

おまとめローンというのは三井住友銀行カードローンなど銀行系のローンでは定番のものであり、最近だと消費者金融系のキャッシングでも提供されていてまとまったお金が必要な人にはとても便利になってきています。

その審査についてはやはり新規のローンの申し込みよりと比べると難しくなるのが当然ですが、幾つかのポイントを知っておくと若干有利に運ぶことができるので紹介していきたいと思います。

さてローン関係で一つあまり知られてない言葉に「与信」というものがあります。この言葉はキャッシングよりかはむしろクレジットカードの方面で聞いたことがあるかもしれませんが、ローンの場合にもこの言葉が使用され、また審査などにも影響してきます。

クレジットカードの与信は通常与信枠というここまでの金額が使えますよというものを表しますが、これは与信の言葉が表す通りクレジット会社がカード使用者に信頼を与えているからの限度額となる意味合いがあります。

これがキャッシングやローンの場合に使われる場合には、同様に借り入れ限度額のことを与信として扱うことになります。

この与信は当然キャッシングやローンの申し込み時の審査で厳密に決められる訳ですから、個人情報や信用情報機関などからの履歴を元に審査で与信枠が決まるのです。

さてこの与信枠というのはちょっとだけ気をつけておく点があって、その与信枠いっぱいに借りていない場合でも、審査上としては目一杯利用しているようにみなされるケースがあります。

そのため住宅ローンやおまとめローンなどさらに融資を希望する時に問題が生じてしまうことがあります。

一社から借りている場合には問題はさほどないと思われますが、複数のキャッシング会社から昔に借り入れをしていた場合では、仮に現在借り入れを全くしていない場合でも与信枠の合計が審査上で借り入れをしていると見なされてしまい、その為に審査が厳しくなってしまうことがあります。

ですから住宅ローンやおまとめローンなどを申込む場合には、これらの使っていないキャッシングやローンはしっかりと解約をしておくと、審査に受かる可能性が上昇するので是非整理しておくのがポイントです。

所得証明書か納税証明書は必須

おまとめローンは複数の金融機関(消費者金融を含む)から借金をしている人が現在借りている金利よりも好条件で借りることを前提に利用するローンのことです。したがって新規借入とは異なります。

借り換えをするのはより金利の低い好条件にすることで毎月返済額を減らし利子を含めた返済総額を減らすメリットがあります。

したがって新規借入のときとは違い、現在借入をしているローンなど全ての借入金を申請する必要があります。それぞれの金融機関(消費者金融を含む)から総額いくらの借入をしていて借入金残高がいくらであるかの記載が必要です。

おまとめローンを利用するためはそれらの金融機関とは借入関係を精算する必要があります。

したがっておまとめローンで借入が承認された場合は借入金からそれらの金融機関に借入金残高がゼロになるだけの金額を払い込むことになり、借入金残高がゼロになったという証明書をおまとめローンを利用する金融機関に提出しなければなりません。

ですから一般におまとめローンの借入金の総額は現在 借入をしている個々の金融機関の借入金残高の合計額+さらに必要な金額ということになり、その返済能力が現在の所得で可能であるかが審査されます。

もちろんローンが高額になれば担保も必要で自宅が持家であればその登記簿が必要になります。また住宅ローンがありおまとめローンにまとめない場合はその借入金残高証明も必要です。

それから自宅に住んでいる証明のために住民票・運転免許書等の提出が必要です。返済能力の証明のためには雇用されている場合はその会社が発行した給与明細票・年収証明書など所得証明のできるもの。個人事業主などは市役所・区役所などが発行する所得証明書が必要になります。

ひとりではなく家族(例えば夫婦)で返済する場合はそれぞれの所得証明書が必要です。かりかえローンは借入金で困っている人を対象とするため、金融機関側も貸し出しには慎重です。書類に不備があれば借入は難しいと考えてください。

最短即日審査対応の銀行カードローン

PAGETOP
Copyright © おまとめローン比較大調査 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.