おまとめローンと与信について

おまとめローンというのは三井住友銀行カードローンなど銀行系のローンでは定番のものであり、最近だと消費者金融系のキャッシングでも提供されていてまとまったお金が必要な人にはとても便利になってきています。その審査についてはやはり新規のローンの申し込みよりと比べると難しくなるのが当然ですが、幾つかのポイントを知っておくと若干有利に運ぶことができるので紹介していきたいと思います。

さてローン関係で一つあまり知られてない言葉に「与信」というものがあります。この言葉はキャッシングよりかはむしろクレジットカードの方面で聞いたことがあるかもしれませんが、ローンの場合にもこの言葉が使用され、また審査などにも影響してきます。クレジットカードの与信は通常与信枠というここまでの金額が使えますよというものを表しますが、これは与信の言葉が表す通りクレジット会社がカード使用者に信頼を与えているからの限度額となる意味合いがあります。これがキャッシングやローンの場合に使われる場合には、同様に借り入れ限度額のことを与信として扱うことになります。この与信は当然キャッシングやローンの申し込み時の審査で厳密に決められる訳ですから、個人情報や信用情報機関などからの履歴を元に審査で与信枠が決まるのです。

さてこの与信枠というのはちょっとだけ気をつけておく点があって、その与信枠いっぱいに借りていない場合でも、審査上としては目一杯利用しているようにみなされるケースがあります。そのため住宅ローンやおまとめローンなどさらに融資を希望する時に問題が生じてしまうことがあります。一社から借りている場合には問題はさほどないと思われますが、複数のキャッシング会社から昔に借り入れをしていた場合では、仮に現在借り入れを全くしていない場合でも与信枠の合計が審査上で借り入れをしていると見なされてしまい、その為に審査が厳しくなってしまうことがあります。ですから住宅ローンやおまとめローンなどを申込む場合には、これらの使っていないキャッシングやローンはしっかりと解約をしておくと、審査に受かる可能性が上昇するので是非整理しておくのがポイントです。

所得証明書か納税証明書は必須

おまとめローンは複数の金融機関(消費者金融を含む)から 借金をしている人が 現在借りている金利よりも好条件で 借りることを前提に利用するローンのことです。したがって新規借入とは異なります。 借り換えをするのはより金利の低い好条件にすることで 毎月返済額を減らし利子を含めた返済総額を減らすメリットがあります。

したがって新規借入のときとは違い、現在借入をしているローンなど全ての借入金を申請する必要があります。 それぞれの金融機関(消費者金融を含む)から総額いくらの借入をしていて借入金残高がいくらであるかの記載が必要です。 おまとめローンを利用するためはそれらの金融機関とは借入関係を精算する必要があります。したがっておまとめローンで 借入が承認された場合は借入金からそれらの金融機関に借入金残高がゼロになるだけの金額を払い込むことになり、 借入金残高がゼロになったという証明書をおまとめローンを利用する金融機関に提出しなければなりません。

ですから一般におまとめローンの借入金の総額は現在 借入をしている個々の金融機関の借入金残高の合計額+さらに必要な金額 ということになり、その返済能力が現在の所得で可能であるかが審査されます。もちろんローンが高額になれば担保も必要で 自宅が持家であればその登記簿が必要になります。また住宅ローンがありおまとめローンにまとめない場合はその借入金残高証明 も必要です。

それから自宅に住んでいる証明のために住民票・運転免許書等の提出が必要です。返済能力の証明のためには雇用されている場合は その会社が発行した給与明細票・年収証明書など所得証明のできるもの。個人事業主などは市役所・区役所などが発行する 所得証明書が必要になります。ひとりではなく家族(例えば夫婦)で返済する場合はそれぞれの所得証明書が必要です。 かりかえローンは借入金で困っている人を対象とするため、金融機関側も貸し出しには慎重です。書類に不備があれば借入は 難しいと考えてください。

借り換え・おまとめに対応の三井住友銀行カードローンが銀行カードローンの中ではおススメです!