【嘘のデメリットに騙されないで】おまとめローンのメリットとデメリットとは

  • HOME »
  • 【嘘のデメリットに騙されないで】おまとめローンのメリットとデメリットとは

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットは、毎月の返済回数を減らせる点ですね。何件も借入をしている人は、借りている件数を月にその回数支払いをしなければなりません。借入先によっては、支払期日が全然違う場合もあるでしょう。このような状態では管理が大変です。

勘違いをしてしまい払い忘れることもあるかもしれません。でも、おまとめローンにすれば、借入先を1つにして返済回数を月に1回で済ませることができます。支払期日もその日のみなので、管理が簡単になるでしょう。

他のメリットとしては、おまとめローンの借入先によりますが、おまとめローンにすることによって、金利が下がる場合が多いです。おまとめローンにすると、借入額がその借入先のみとなるので、借入額も大きくなります。

借入額が大きいと合わせて、金利が低くなる場合が多いからです。金利が下がることによって、最終的な支払いも数社借入しているときより、少なくすることも可能です。また、借入先を1社にまとめることによって、毎月の返済額を減らせることもできます。

毎月の負担を減らせることができるので、こちらもメリットと言えます。注意が必要なところは、毎月の返済額を減らすことができても返済期間が長くなって、総返済額が数社借入しているときよりも増えてしまう場合がありますので、返済計画はきちんと立てることが大切です。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは、借入先を一本化し、将来的に発生する利息を削減出来るメリットがありますが、その反面デメリットも少なからずあります。

先ず、他社借入を返済する際、既に発生している利息もおまとめローンの返済額に含まれてしまい、利息に利息が発生するといった問題があります。そのため、借入件数が増える程、この問題が大きくなってしまいます。

また、貸金業者からの借り入れ以外にクレジットカードの利用残高も銀行カードローンやフリーローンでおまとめ出来ますが、クレジットカードの利用残高を組み込む場合は、利息が発生しているリボルビング払い分に留める必要があります。

利用手数料が発生しない一括払い分や分割手数料がおまとめローンの利息より低いものを組み込んでしまうと、余計に返済をすることになるため注意が必要です。

また、おまとめローンはあくまで返済を効率的に行うローンであり、返済額を低くし過ぎるのは返済期間の長期化に繋がります。実際、分散されていた状態の元本に利息が生じるのと、纏まった元本に利息が生じるのでは後者の方が高くなるケースが多くなります。

そのため、おまとめローンを行う際は、可能な限り元の返済額を減らさず、早期に返済するというのが重要になります。

なかなか審査に通らない?

おまとめローンの最大の欠点として審査が厳しすぎて通らないという事が挙げられます。残念な事にはっきり言って消費者金融4社から借入がある人が上位の銀行カードローンに通る可能性は殆どないというのが現状です(年収によっては可能性ありますが、すごく低いです)。

おまとめローンを行うと過払い金請求が出来ない?

おまとめローンの嘘のデメリットとして、おまとめローンのデメリットで検索をすると、司法書士サイトに、「おまとめローンを組むと過払い金請求が出来ない」とありましたので、この事について解説したいと思います。

結論から言うと、おまとめローンを行っても過払い金請求は出来ます。むしろ、おまとめローンでまとめて完済してからの方が、あとくされ無く過払い金請求が出来ますので全くデメリットにはなりません。

といいますのも、消費者金融からの借り入れの完済前に過払い金請求を行うと、残債が残ってしまった場合、それは利息を再計算した上での支払い条件の変更になりますから『任意整理』扱いとなります(残債が残らなくても、交渉期間中は任意整理と同等の扱い)。

『任意整理』を行うと信用情報機関にハッキリ記録されますので、5年間借入は出来なくなる、普通に返済を続けているキャッシングやクレジットカードも全て停止になる、場合によっては既存に組んでいる住宅ローンの銀行から連絡が入り、実質自己破産と変わらない状態に陥ってしまいます。

住宅ローン契約が取り消されるという事はないでしょうが、少なくともより安いプランへの契約の変更は出来なくなりますし、教育ローンも組めませんし、奨学金の保証人になることもできませんから今後の人生プランが大きく狂ってくる可能性もあります。

対して、おまとめローンで完済してから、過払い金請求を行えば、それは信用情報機関には一切記録されませんので、一切不具合は発生しません。

どうして司法書士がこのようなデマを流すのでしょうか。

おそらくは完済をした後、過払い金請求で交渉をして取り戻すと、貸金業者は一度懐に入れた金を出すのは渋りますので交渉でスムーズに、加えて裁判になる可能性が高くなる(司法書士は地方裁判所の代理人にはなれない!)ために、残債があるうちに過払い金請求という名の任意整理をするようにもっていきたいと考えているからだと思われます。

完済前の過払い金請求で得られる利益(過払い金が多い人でも10数万円位しかない)のほうが5年間のブラックリスト(その間、教育ローンや銀行のローンも受けられません。)のデメリットよりも大きいわけがありませんので、このような事を言って過払い金請求を勧誘している法律事務所はほぼ詐欺に近い存在ですので、絶対に騙されないでください。

『過払い金請求はおまとめ・借り換えで完済出来るなら、完済してから行った方がいい』と覚えておいてください。

最短即日審査対応の銀行カードローン

おまとめも可能な銀行カードローン

東京スター銀行おまとめローン

来店不要、WEB完結でスピーディ
複数のローンを一本化し、確実に返済を進めて完済をめざすローン
おまとめローンの草分け的存在。

即日融資に対応!※総量規制の対象

アコム

アコム

はじめての方なら契約日の翌日から最大30日間金利が掛からず利用出来ます。
消費者金融ですので総量規制には引っ掛かりますが、メジャーなだけあり即日融資には強いです!
また返済はいつでも返せる、その際の利息は利用日数分だけなのも魅力です。

プロミス

プロミスプロミス

WEB契約が必須になりますが、来店不要で即日融資に対応!
30日無利息サービスを受けたい場合は契約の際にメールアドレス登録とWeb明細利用が条件です。
安定した収入がある学生、パート、アルバイトの方にも優しいので職業の属性に悩んでいるならおススメです。

PAGETOP
Copyright © おまとめローン比較大調査 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.