おまとめローンの審査基準は?

  • HOME »
  • おまとめローンの審査基準は?

申込者の返済能力

おまとめローンの審査を通過するためには、やはり一番重要視されるのが返済能力の有無です。おまとめローンには、貸金業者からの借り入れだけでなく、銀行やクレジットカードのショッピング枠まで一本化出来る銀行のおまとめローン(フリーローン)があります。

特に、クレジットカードのショッピング枠でリボ払いを行っている、銀行から総量規制の対象に該当しない借り入れを行っている場合、借入総額が高額になってしまうケースがあり、おまとめローンを申込する方の返済能力を超えてしまうリスクが高くなります。

そのため、おまとめローンや借り換えローンといった金融商材では、審査を行った上希望に沿えないケースがあること、利息の自体の減額が見込めない可能性があることを予め説明しています。

おまとめローンは、元本自体が減るものではなく、将来発生する利息を少なくする目的があるため、元本を返済出来る能力が一番重要視されます。

万が一、任意整理となった場合でも元本だけでも回収できる可能性があるため、銀行や保証会社は収入面での審査を厳しく行うというのが実態です。少なくとも、5年ないし7年以内に完済できるというのが重要になります。

職業は公務員・会社員が通りやすい

おまとめローンの審査では、通常のローン審査同様にスコアリング審査が行われ、職業属性上、公務員や会社員の方が有利になります。何故、有利になるかというと公務員の場合は、収入が高く、団体職員であるため安定した収入が見込めます。

更に、会社員の様にリストラにより、収入がゼロになるリスクが殆どなく、定年後の退職金も高額ということから最終的には退職金を返済に充ててもらうという考えが出来ます。

同様に、会社員も会社の経営状態が悪化しない限り、安定した収入が得られるだけでなく、業績によっては賞与が高額といった点が有利に働きます。また、企業の多くは、労働組合の設立を認め、団体交渉により安定した収入と賞与の獲得が行われています。

さらに、会社員も定年後の退職金が高い上、受給できる年金額も国民年金のみと比べ多くなり、将来的に返済が継続可能と判断されます。

そもそも、おまとめローンは全ての借り入れを纏めた場合、高額になる傾向にあり、毎月の収入以外にも将来受け取れる退職金をアテにします。万が一、自己破産をされたとしても、退職金が財産と見做され、ある程度の債務額を回収できるというメリットがあります。

これに比べ、パートやアルバイト、非正規雇用の場合、財産となり得る退職金が無いため、おまとめローンの審査では非常に不利になります。

借入総額より借入件数の方を見られる

おまとめローンの審査では、総借入額よりも借入件数の方が審査に大きく影響します。借入額は、単一のローン契約で一気に跳ね上がる可能性が高く、1件や2件で100万円や200万円という金額になるケースは多くあります。

この場合、ある程度の返済能力を確保した状態となることが多く、審査評価ではマイナスにはならず、融資依頼先としてはおまとめローン後に追加で借り入れするリスクが低いと判断されます。

一方で、複数社からの借り入れを一本化する場合は、既に多重債務状態に陥っているケースが多く、おまとめローンで借り入れ先を一本化したとしても、再び別の貸金業者から借り入れをしてしまうリスクが高いと判断されてしまいます。

そもそも、複数社から借り入れしてしまう時点で、返済計画が甘いと見做されてしまい、おまとめローンで纏めたとしても返済が履行されないという可能性が高くなってしまいます。

そのため、おまとめローンを契約する際は可能な限り借入先への返済を纏めてしまい、4社または5社以内にすることが重要になります。融資元としてみれば、新たに借り入れをされ、自社の返済に影響が出るリスクは審査段階で可能な限り排除する傾向にあります。

「完済」しようとする意思表示が重要

おまとめローンを申し込む際、申込者が『完済の意志』を持つことは重要ですが、残念ながら審査の評価には殆ど影響しません。

おまとめローンの審査は、あくまで数字による確認と客観的な情報による判断となり、申込者に完済の意思があっても、返済能力が伴わなければ審査落ちします。基本的に、どれだけの債務額があり、収入からどれだけ返済に充てられるかが重要になります。

特に返済能力の査定は、年収から税金や社会保障費を差し引いた可処分所得から政令で定められた生計費を差し引くことで算出しています。ここには、申込者の意思や努力による生活費の削減は考慮されず、全て客観的な数値を基にした返済能力しか反映されません。

おまとめローンの返済期間としては、最大10年となり査定された返済に充てられる金額で完済可能かを判断しているだけです。

そもそも、銀行窓口で完済する意思を伝えたとしても、『これまでに何故、完済出来なかったのか』、『完済する意思が本当にあったのか』と疑われるだけに過ぎません。

おまとめローンは、契約者に有利になるローンではあるものの、融資する側も慈善事業ではないため、利益が見込めなければ審査の通過はあり得ません。

最短即日審査対応の銀行カードローン

おまとめも可能な銀行カードローン

東京スター銀行おまとめローン

来店不要、WEB完結でスピーディ
複数のローンを一本化し、確実に返済を進めて完済をめざすローン
おまとめローンの草分け的存在。

即日融資に対応!※総量規制の対象

アコム

アコム

はじめての方なら契約日の翌日から最大30日間金利が掛からず利用出来ます。
消費者金融ですので総量規制には引っ掛かりますが、メジャーなだけあり即日融資には強いです!
また返済はいつでも返せる、その際の利息は利用日数分だけなのも魅力です。

プロミス

プロミスプロミス

WEB契約が必須になりますが、来店不要で即日融資に対応!
30日無利息サービスを受けたい場合は契約の際にメールアドレス登録とWeb明細利用が条件です。
安定した収入がある学生、パート、アルバイトの方にも優しいので職業の属性に悩んでいるならおススメです。

PAGETOP
Copyright © おまとめローン比較大調査 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.