おまとめローンの選び方

  • HOME »
  • おまとめローンの選び方

借入件数が少ないなら銀行カードローンでおまとめするのが得策

銀行カードローンを利用して、おまとめローンを実施するのであれば、他社借入件数が少ない方が得策です。カードローンの審査をする上で、スコアリング審査や個人信用情報の照会で他社借入件数や借入金額が、審査結果に大きく影響してしまいます。

特に借入件数が5社を超えると、多重債務者と見做されてしまい、スコアリング審査での評価点が下がってしまい、融資リスクがあると判断されます。

そのため、2社や3社といった借入件数の内に銀行カードローンを契約し、まとめてしまった方が審査を通過する可能性が高く、多重債務により自転車操業状態になっていないと判断されることになります。

また、与信状況が良好と判断されれば、高い利用限度額を得ることができる上、適用される金利も低くなり、総返済額少なくなります。

それ以外にも、完済した後でも契約を継続することが可能であり、過去の返済実績から増額案内を得られる可能性も高まり、利用出来る範囲が広くなります。

例え、消費者金融1社からの借り入れでも銀行カードローンで借り換えをしてしまえば、年利約4%の削減に繋がるため、銀行カードローンでのおまとめは早い方が良くなります。

新たな借り入れする可能性があるなら銀行カードローンでおまとめ

銀行カードローンは、総量規制の対象外となることから、返済能力や信用状況が伴えば、高額な借り入れをすることが出来ます。また、利用限度枠内であれば、何度でも借り入れが出来るというメリットがあり、おまとめローンとして利用しながら、新たな借り入れもすることが可能です。

おまとめローンとして、一番利息削減の効果が高く、計画的に完済できるのが銀行系フリーローンですが、返済のみのローンとなってしまい、新たな借り入れをする際は別のローンを契約することになります。

これでは、折角借入先を一本化した意味が無くなってしまい、再び他の借り入れ先に返済を繰り返すことになってしまいます。同様に、消費者金融のおまとめローンも返済のみのローンであり、一本化出来るのは貸金業者からの借り入れのみと、全ての借り入れを纏めきれません。

さらに、銀行系フリーローンと同様に借り入れをするには、別のローン契約が必要になります。しかし、銀行カードローンであれば、金利は消費者金融のおまとめローンと同等であり、追加での借り入れも出来ることから、返済期間中に現金が必要になった際も融通が出来ます。

また、借入先を1社に限定出来るため、多重債務も回避することが可能です。

最短即日審査対応の銀行カードローン

おまとめも可能な銀行カードローン

東京スター銀行おまとめローン

来店不要、WEB完結でスピーディ
複数のローンを一本化し、確実に返済を進めて完済をめざすローン
おまとめローンの草分け的存在。

即日融資に対応!※総量規制の対象

アコム

アコム

はじめての方なら契約日の翌日から最大30日間金利が掛からず利用出来ます。
消費者金融ですので総量規制には引っ掛かりますが、メジャーなだけあり即日融資には強いです!
また返済はいつでも返せる、その際の利息は利用日数分だけなのも魅力です。

プロミス

プロミスプロミス

WEB契約が必須になりますが、来店不要で即日融資に対応!
30日無利息サービスを受けたい場合は契約の際にメールアドレス登録とWeb明細利用が条件です。
安定した収入がある学生、パート、アルバイトの方にも優しいので職業の属性に悩んでいるならおススメです。

PAGETOP
Copyright © おまとめローン比較大調査 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.