新生銀行カードローンレイクでおまとめシミュレーション

  • HOME »
  • 新生銀行カードローンレイクでおまとめシミュレーション

新生銀行カードローンレイクをおまとめローンで利用する場合について解説します。

勘違いされやすいですが、レイクは昔こそ消費者金融でしたが、新生銀行がブランドと営業譲渡を受けた結果、銀行カードローンへと変貌しています。

位置づけとしては、銀行内にある消費者金融部門といった妙な感じの位置づけです。おまとめローンの区分としては、①通常の銀行カードローン(おまとめ・借り換えもOK)に該当します。

そんな新生銀行レイクの保証会社は、新生フィナンシャルといい、同じ新生銀行グループの会社が担っています。

新生銀行 レイクのおまとめローン、金利と削減効果

新生銀行レイクの金利は、4.5%~18.0%と幅広い金利設定になっています。個別ゾーンの金利設定は、
100万円未満 15.0%~18.0%
200万円以下 12.0%~15.0%
300万円以下 9.0%~15.0%
400万円以下 7.0%
500万円以下 4.5%

となっています。200万円のゾーンですら12.0%~15.0%と高い金利設定になっているところに特徴があります。

一番人気が高そうな限度額300万円以下のゾーンの上限金利は15.0%ですから、消費者金融への借り換えに利用するにしても18.0%→15.0%の削減効果しか得られません(初回の申し込みは200万円までになります)。

これより上位のゾーンの金利設定は7.0%~4.5%と高い金利削減効果が得られそうですが、その分審査面で苦戦すると思われます。

限度額

限度額は最大値500万円まで借りる事が出来ますが、初回の借入額の最大値は200万円以下までの様です。

返済期日

毎月の返済期日を指定で設定することができます。

返済方式、返済期間

返済方式は残高リボリビング方式と元利定額リボリビング方式を採用していますのでどちらも返済期間の縛りはありません。契約期間は5年間ですが1年ごとの自動更新制度をとっていますので、おまとめローンで利用する場合は途中で契約を打ち切られないように気を付けましょう。

審査面

新生銀行レイクの審査通過率は概ね30%を少し超える程度と言われています。この数字は銀行ローンとしては優秀な部類ですが、その分金利は高く、200万円以下ではほとんど消費者金融と変わりません。

金利がガクッと落ちる400万円以上のゾーンの審査はとても厳しいと思われますので、大きな限度額をもらうなら相当信用状態を良化させなければいけません。

融資を受けたら

融資を受けたら自身で各借入先への返済を行う必要があります。

総評

新生銀行 レイクは 消費者金融と金利の安い銀行カードローンのハイブリッドの様な商品になります。初回は200万円までの融資枠ですので、200万円借りたとしても金利が12.0%~15.0%と消費者金融と変わりません。

おまとめローンとして使うのは商品の性格上適さないので、新生銀行でおまとめローンを組みたい人は別ブランドの新生銀行カードローン スマートプラスを利用したほうがいいでしょう。

最短即日審査対応の銀行カードローン

おまとめも可能な銀行カードローン

東京スター銀行おまとめローン

来店不要、WEB完結でスピーディ
複数のローンを一本化し、確実に返済を進めて完済をめざすローン
おまとめローンの草分け的存在。

即日融資に対応!※総量規制の対象

アコム

アコム

はじめての方なら契約日の翌日から最大30日間金利が掛からず利用出来ます。
消費者金融ですので総量規制には引っ掛かりますが、メジャーなだけあり即日融資には強いです!
また返済はいつでも返せる、その際の利息は利用日数分だけなのも魅力です。

プロミス

プロミスプロミス

WEB契約が必須になりますが、来店不要で即日融資に対応!
30日無利息サービスを受けたい場合は契約の際にメールアドレス登録とWeb明細利用が条件です。
安定した収入がある学生、パート、アルバイトの方にも優しいので職業の属性に悩んでいるならおススメです。

PAGETOP
Copyright © おまとめローン比較大調査 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.